おでかけmoa

  • おでかけ
  • 近江舞子・高島・マキノ

SPOT NAME

マキノピックランド

2017.09.07

WRITTEN BY

おでかけmoa編集部

photo1

美しい並木の中でワクワクいっぱいのマーケット!【イベントレポート】

 夏は青々とした緑、秋には輝く紅葉が楽しめるメタセコイア並木。そんな美しい並木道のすぐそばで、毎月2日間だけの「メタセコイアマーケット」が開催されています。

 会場は果物狩りで有名な「マキノピックランド」。レストランやグラウンドも併設されており、レンタサイクルも利用できます。思わず気分が良くなるぐらい晴天の中、モアガール・千晶さんと一緒にメタセコイアマーケットへGO!

 会場では地元・高島で有名な「アドベリー大判焼」や「とんちゃん」の焼きそば、ほかにも名古屋や仙台といった他県の名物を販売する屋台が並んでいました。

 価格は300円〜500円程度のものばかりでどれもお手頃。

 千晶さんはぐるぐるウインナーとチョコレートドリンクをセレクトしました。

 唐揚げ詰め放題や自家製コーヒーもありましたよ。

 食べ物だけではなく、雑貨や植物の販売やマッサージに占いなど幅広いジャンルの出店が揃っています。

 花が閉じ込められた美しいガラス細工は部屋のインテリアにぴったり。

 量り売りのドライフルーツ。果物の種類もたくさん!

 いま話題の可愛らしい多肉植物。これを機会に連れて帰りたくなりますね。

 鳴き声をあげる猫の置物まで!

 ハンドメイドのイヤリングやストラップなど、見ていて飽きない品ばかりです。

 メタセコイアマーケットも並木同じように秋が本番、紅葉の季節になると出店がもっと多くなるそうですよ。

 本来は自営で呉服の製造・販売を行っているという主催の峯森さん。マキノの魅力的な町づくりと多くの人による認知を目指してメタセコイアマーケットを開催されました。当初は約80もの店舗参加と数千人の来場者があり、天候にも恵まれて素晴らしいスタートを切れたとのこと。

「食べ物やハンドメイド、リサイクル、ステージイベントなど、ジャンルに縛られずさまざまな楽しみが味わえることがメタセコイアマーケットの1番の魅力ではないでしょうか。地元の特産品や手作り品のみに制限するのではなく、いろんな物を見たり、買い物をしたり、体験をする……そんな自由な場だからこそ本当の交流が生まれると思います。また、爽やかなイベントであることも大きなポイントで、メタセコイア並木の四季に触れられるという部分は他のイベントにはない自慢でもあります」

 この先も店舗数や種類を増やし、内容を充実させたいとのこと。次回開催は10/7(土)・8(日)の10:00〜17:00、紅葉狩りには少し早いですが一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

モアガール's Voice by小林 千晶

photo1

 今回は風が強くテントを早めに片付けられるお店もあり少し残念でしたが、美しいメタセコイア並木の自然を感じながら美味しいものをたくさん食べることができました! 家族や友だち同士、もしくはひとりで遊びに来てもいいかもしれません。デートにもぴったりですよ♪

→小林千晶 Instagram

2017年09月07日時点での情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、ご確認の上、おでかけください。
店名マキノピックランド
TEL0740-27-1811
モアを見たというとスムーズです。
住所高島市マキノ町寺久保835-1