おでかけmoa

  • 滋賀県でおでかけ
  • 米原

SPOT NAME

ENGLISH GARDEN ローザンベリー多和田

2019.05.17

WRITTEN BY

りーしゅんライター

photo1

ローザンベリー多和田で話題沸騰中!人気のクレイアニメ「ひつじのショーン」のリアルワールドがオープン!

米原の小さな山々に囲まれたレジャー施設「ローザンベリー多和田」は、本場のイングリッシュガーデンにも引けを取らない美しい庭や花の香り、耳に心地よく残る小鳥のさえずりや旬の野菜、果実の味わいなど、五感で感じる自然の魅力をコンセプトとしてます。

そんな今年で8年目を迎える同施設に今春オープンした「ひつじのショーン ファームガーデン」は、オープンから間もないにも関わらず早くもSNSで話題です。日本でもNHKのEテレの放送で、多くの子どもたちに親しまれてきた「ひつじのショーン」のリアルワールドを楽しむことができる同施設。

子どもはもちろん、「ひつじのショーン」制作会社であるイギリスのアードマン・アニメーションズも認める創造物の精巧さは大人も虜にしています。「ひつじのショーン」の世界を等身大サイズで再現した場所は、世界には「ローザンベリー多和田」だけなのも人気の理由。

そんな滋賀県のおでかけスポットに欠かせない「ローザンベリー多和田」へmoa編集部とモアガール いてやんが取材に行ってきました!

「ひつじのショーン」エリアの魅力はもちろん、昨年オープンした妖精たちの気配を感じることのできる「妖精と暮らす村 フェアリーガーデン」などその他たくさんのとっておき情報を交え、同施設の魅力をお届けします!

園内に入るとまず目に飛び込んでくる本場のイングリッシュガーデンのような本格ガーデン

入園受付を済ませ園内に入るとまず目に飛び込んでくるのは、同施設の醍醐味でもある「バラと宿根草の庭」。イギリスのイングリッシュガーデンをモチーフにしたこちらのお庭は、植物はもちろんのこと本場を意識したアンティークのレンガや職人手作りのロートアイアン、イギリス王室御用達のウィッチフォードのプランターが並んでいます。

また、日本ならではの桜や茶花、米原ののどかな風景とも融合させ、洋風の装いとしながらもどこか和の懐かしさも感じさせてくれるお庭となっています。

その美しい景色は国内外からも注目を集め、園芸家の方もプライベートで訪れるほど。これからの季節は、バラやメタセコイアなど旬を迎える花々や木々がさらに華やかな共演を魅せ、私たちを楽しませてくれます。

とにかく園芸が好きだという同施設のオーナーがこだわり抜いて作り上げた空間は、一瞬にして見るものを美と癒しの境地へといざない、ちょっとした非日常気分を味わいながらお散歩を楽しむことができますよ。

バーベキューエリアでは畑の野菜の収穫体験も!

さらに園内へ入っていくと、自然の魅力をお腹いっぱい味わえる「バーベキュー」エリアに。こちらでは旬の野菜と美味しいお肉をたっぷりと味わうことができるのはもちろん、これからの時季はなんと園内にある畑で農薬不使用で愛情いっぱいに育まれた野菜を収穫し、洗って切って焼いて美味しく食べられる体験型BBQを楽しむことができます!(※収穫した野菜の持ち帰りはできません ※季節や状況によっては収穫体験を楽しめないこともあります)

こちらは当日受付も可能ですが、入園料とBBQ料金がセットになったお得な団体向けプランも(要事前予約)。気軽にBBQの雰囲気を楽しめるリーズナブルなプランから、近江牛を楽しむことのできる贅沢プランまで様々に用意されているので、訪れる際にはぜひ事前にホームページをチェックしてくださいね。

体験工房ではショーンのかわいい小物やパンも作れちゃう!

BBQエリアと隣接した施設は体験工房となっていて、こちらでは可愛い小物作りやお料理の体験が可能。「ひつじのショーン」オープンと関連した体験もたくさん用意されていて、小さな子どもから小学生ぐらいの子どもまで楽しめる羊毛フェルトなど内容も様々。

中でも一番人気は、ショーンのパン作り!見た目のかわいさもさることながら、中身がチョコになっているため味もとっても美味しいのだそう。

レトロかわいいトレイン「ローザン鉄道 ミルキーウェイ」に乗って、ショーンたちに会いに行こう!

レトロかわいいトレイン「ローザン鉄道 ミルキーウェイ」に乗って、ショーンたちに会いに行こう!
レトロかわいいトレイン「ローザン鉄道 ミルキーウェイ」に乗って、ショーンたちに会いに行こう!

「ひつじのショーン」エリアへは、行きは登り坂となっていて歩いて行くのもいいですが、芝生ひろばにある駅から発車するキュートなトレイン「ローザン鉄道 ミルキーウェイ」に乗り、ゆったり電車旅を楽しみながら行くのもおすすめ。

レトロ感漂うトレインは、SNS映えも確実! イギリスの駅舎の雰囲気とも絶妙にマッチしていますね(料金や運行時間は現地でご確認ください)。

トレイン乗車中は、車内アナウンスでローザンベリーの様々な魅力を楽しみながら、束の間の電車旅を楽しむことができます。これからの季節はうっとりとする香りに包まれるバラのトンネルをくぐり抜けるのもとっても素敵!(見頃は5月中旬予想)

高級品種のブドウが低農薬栽培されているブドウハウスや、6月から見頃を迎えるラベンダー畑など、まるでロードムービーを見ているかのようなゆったりとした景色をアナウンスと共に楽しむこと約15分。

「フェアリーガーデン」に程近い駅舎に辿り着く前に、お出迎えしてくれたのはひつじのショーン…、ではなくなんと緑の芝生でのんびりとくつろぎながら草を食べる本物の羊たち。よく見ると「ひつじのショーン」と同じ顔の黒い羊さんたちも。

同施設では、羊の勉強会やおさんぽ体験など、羊たちと仲良くなれるイベントも開催されています。

ショーンたちに会いに行く前にまず訪れておきたい「妖精と暮らす村 フェアリーガーデン」

ショーンたちに会いに行く前にまず訪れておきたい「妖精と暮らす村 フェアリーガーデン」
ショーンたちに会いに行く前にまず訪れておきたい「妖精と暮らす村 フェアリーガーデン」

駅に着きトレインを降りた先にあるのは、こちらも昨年オープンしたばかりの施設「妖精と暮らす村 フェアリーガーデン」。ショーンたちに会いに行く前にまずは一足お先に妖精たちに会いにいきましょう!

妖精サイズの小さなおうちは、ドアやステンドガラス、土壁など一つ一つがすぐ傍に妖精の気配を感じられるような何とも可愛らしい作りとなっていて、小さな子どもしか入れないお家から、大人も妖精たちの生活を垣間見れる等身大のお家までと様々。

妖精らしい先の尖った靴や、人間さながらのシチューやハムなど美味しそうな料理の並ぶレストラン、作りかけの生地が残されたミシンなどどれも精巧に作りこまれ、つい先程までそこにいたかのような妖精たちの息遣いを感じることができます。

モアガール いてやんも「かわいいー!」と終始感嘆の声をあげていました。SNS映えしそうなフォトスポットも多く、編集部もつい夢中になって長居してしまいそうに。

作品の世界さながらののどかなイギリスの田舎の雰囲気の中に等身大の愛らしいショーンたちの姿が

そんな妖精たちとの束の間の出会い?を終えて、いよいよひつじのショーンたちに会いに「ひつじのショーン ファームガーデン」へ向かうことに。イギリスの古き良きのどかな約5,000㎡の田園風景の中には、「牧場主の家」や「ひつじたちの小屋」が立ち並びその世界はまさに作品で見た世界そのものです!牧場主の住む家はよく見ると、クレイアニメの世界通り瓦屋根が歪んだ形になっています。

ひつじのショーンたちの等身大サイズの世界に浸れる施設は、なんと世界でもここだけ!同施設のオーナーが「ひつじのショーン」を制作するアードマン・アニメーションズの作品作りへのこだわりと、熱い想いに感激し契約にこぎつけたというこちらの施設。

オーナーも自らその作業に加わり、極限まで作品の世界観を再現させたリアルワールドはプレオープンの1日でおよそ1,300人を動員し、スタッフの予想もはるかに超えた反響ぶり。この日も平日にも関わらず多くの人で賑わっていました。

早速牧場主の家の前には、そんな賑わいとは無縁とも思える穏やかなムード漂うショーンたちの姿が。

家の前には牧場主の愛用のトラクターも。牧場主と同じく、時折ショーンたちの騒動に巻き込まれている証拠にしっかり泥汚れも付けられています。

雨ジミやまだらなレンガの積み具合などが細部に渡るまで再現された、「これぞ職人の技」というべき外観に既に魅了されながらも中に足を踏み入れると、クレイアニメの世界観が見事に再現されたかわいらしく温かな空間が。

テレビを見ながら、今日も仕事をせずマグカップ片手にゆったりくつろぐ牧場主。その人物の再現度合いはもちろんのこと、部屋の内装も家具や壁紙、飾られた記念写真に至るまで精巧に作られており、担当者の方に完成までの経緯をお聞きしているとショーンへの熱い想いがひしひしと伝わってきました。

牧場主のいる部屋の向かいには何やらお料理に励む?ショーンと牧羊犬ビッツァーの姿が。作品の中では仲がいいのか悪いのか分からないこのコンビですが、ここではとっても仲のいい雰囲気が伺えますね。

二階には牧場主の眠るベッドルームとバスルームが。どれもレトロな風合いが漂い、「かわいい!住んでみたくなる」とモアガール いてやんの住みたい発言が飛び出すほどに。子どもはもちろん大人も夢中になってしまうかわいさは、お家のインテリアの参考にもなりそうですね。

ストーリーの中で時折登場する牧場主の入れ歯も、どこかに登場していますよ。訪れた際には是非見つけてみて下さいね。

家具の引き出しの中はその時々によって模様替えされるので密かな楽しみに。

アードマン・アニメーションズ設立までの流れや、ショーンたちの誕生まで経緯が楽しく解説された漫画も訪れた際にはチェックしてみてくださいね。こちらのお部屋には、ローザンベリー多和田でしか出会えないガーデンスタイルのパペットやイラストが飾られていますよ。

「牧場主の家」の裏には子どもが遊べる公園もあるので、親子で一日ショーンたちの世界に浸れそうですね。

「牧場主の家」の近くには「ひつじたちの小屋」も。こちらには、ショーンを凌ぐ人気ぶりの赤ちゃんひつじティミーの姿が。ママに絵本を読んでもらいすやすや眠りに落ちようとするティミーたちの姿にほっこり。今にもかわいらしい寝息が聞こえてきそう…。

人参なども植えられ、牧場主の畑もかわいく丁寧に作り込まれています。

とにかく細部に至るまで作品の世界が忠実に再現された新エリアには、お子さま連れのご家族だけでなく、20代の若い方からご年配の方まで本当に幅広い世代の方が来場されていました。

小高い丘の上にある「ローザンハウス」は、季節ごとのイベントやショーン関連を含めた様々な展示が催される多目的施設となっています。取材時は「ひつじのショーン」のダイジェスト版の映像が流れていましたよ。

そんな思わぬ好反応もマニアックまでに作りこまれた再現度の高さゆえ。それもそのはず、建物はもちろん調度品に至るまでアードマン・アニメーションズの監修を得て作り込まれているそうです。気が遠くなりそうな緻密な作業ですが、「その甲斐もあり “ひつじのショーン”のファンの皆様にもご満足いただけているようです。」と話されるスタッフの方。 

お腹が空いたらイギリスのオシャレカフェをイメージしたティースペースでゆったりランチにティータイムを楽しんで

そんなショーンたちの世界をたっぷり堪能してお腹が空いたら、赤いパラソルが目印のイギリスのオシャレカフェをイメージした「ヒルサイドカフェ Tearoom」でひとやすみ。

開放感溢れる高い天井とシックな装いが素敵な店内には、テーブル席やカウンター席も設けられ外にはテラス席も。ショーンたちの姿を眺めながらゆったりとランチやお茶を楽しむことができます。

こちらではキッシュやサンドイッチ、フィッシュアンドチップスなど、本場を意識し食材にこだわった安心で美味しいメニューが多数取り揃えられています。編集部とモアガール・いてやんも試食させて頂くことに。

【パストラミビーフ580円・スモークサーモン630円】
自家製の柔らかなパンに、新鮮な野菜と具材がたっぷりサンドされたボリューム満点のサンドイッチ。味付けは食材を活かしたさっぱりとした味わいながらも、それぞれの旨味がぎゅっと凝縮され大満足間違いなし。

【カプレーゼ450円・ラタトゥイユ400円】
オリジナルキッシュは見た目もかわいく、SNS映えもしそうな逸品。サクサクしたパイ生地にごろりと具材が乗せられ、小さいサイズながらも食べ応えのあるシェフ渾身のキッシュとなっています。


他にも、ふわふわのミルクフォームがたっぷり乗せられたダイナミックキャラメルミルク450円(ホット・アイス)は、飲む際に底に溜まったキャラメルミルクをかき混ぜると、優しいミルクの味わいに程よい甘味が加わり、なんとも幸せな懐かしい味に。

スコーン・マフィン・チョップドサラダ・イギリスで100年以上の歴史を持つフェンデマンス社の天然原料のみで作られた見た目も美しいソーダなど、他にも様々なメニューが豊富にラインナップされていますよ。子ども用のイスもあるので、子ども連れでも気軽に訪れることができます。

また、こちらの施設内にはショーンたちのグッズが販売されたショップも併設されており、中にはここでしか手に入らない「ローザンベリー多和田」オリジナルのショーンの姿も!

等身大のぬいぐるみや、もこもこ温かいスリッパやリュックなど、今後も様々に商品展開されていく予定なので、訪れた際には是非こちらもチェックしたいですね。

ひつじのショーン ファームガーデンでかわいいショーンたちにすっかり魅了されたモアガール いてやんは、「細かいところまで再現されていて、本当にひつじのショーンの世界に入り込んだみたいでワクワクしました。来る度に新たな発見がありそう!のどかな風景にも心が癒やされました。」とご満悦。

帰りはトレインには乗車せず下り坂を歩いていくことに。春の風を胸いっぱいに感じながら、普段なかなかゆっくり向き合うことのできない美しい自然の景色や、のんびり気ままに過ごす動物たちの姿に癒され、すっかり身も心もリフレッシュされた編集部でした。

五感をフルに使い、美しい大自然の中でゆったり癒しのひとときを

今回紹介した施設の他にも、旬の野菜をふんだんに使用した、心と身体に嬉しい季節ごとのお料理が楽しめるバイキングレストラン「大地のレストラン」や、ニュージーランドの自社畑産ぶどうを100%使用した自然派ワイン、その他ニュージーランドのこだわり商品を取り扱う「大沢ワインズ ニュージーランドワインショップ」。

ローザンベリー多和田の体に優しいオリジナル商品や、地域の美味しい食品などが揃う「ショップはぜの木」、ローザンベリー多和田のような美しいお庭の風景をおうちでも楽しめるガーデンショップ。上質な空間で美しい庭を楽しみながらくつろぎの時間が楽しめる「カフェ EASY TIME」子どもたちがめいっぱい遊べる芝生ひろばなど、五感を通した様々な楽しみを体感することができます。

この春、是非「ローザンベリー多和田」の和洋の織り成す美しい大自然の中で、子どもも大人もゆったり癒しのひとときを過ごしてみませんか?授乳室も完備されているので、小さな子ども連れでも安心ですよ。

2019年05月17日時点での情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、ご確認の上、おでかけください。
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
店名ENGLISH GARDEN ローザンベリー多和田
TEL0749-54-2323
モアを見たというとスムーズです。
住所米原市多和田605-10

関連記事