おでかけmoa

  • 滋賀県でおでかけ
  • 蓬莱・志賀・比良

SPOT NAME

楊梅の滝

2019.07.01

WRITTEN BY

おでかけmoa編集部

photo1

滋賀最大の飛瀑が伝える強さと美しさの輝き

今から約400年前、この地に訪れた室町幕府13代目将軍・足利義輝によって名付けられた『楊梅の滝』。全長は3段に分かれており、雄滝40m・薬研の滝21m・雌滝15mの合計76m。県内一の落差を誇る滝でもある。岩肌に白い布が掛かったような姿から“布引きの滝”と呼ばれることも。

自然の力で癒やし効果抜群!

メインの雄滝は雌滝の2倍以上。力強く落水する姿に誰もが圧倒される!(写真は雌滝)。周辺は繊細な水しぶきが飛び交い、真夏でも涼やか。日常から抜け出して、森林の清々しい空気でリフレッシュしよう。

少し険しい道を登り、10分ほどで雌滝に到着。雄滝への道のりは危険なため、大人や体力に自信のある人だけで訪れるべし。 

滝壺の付近には角長大神、大八明神、不動明王が祀られている。訪れた際にはきちんとお参りを。

美しく冷たい滝水。雄滝と雌滝の主は大蛇という昔話も。

2019年07月01日時点での情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、ご確認の上、おでかけください。
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
店名楊梅の滝
住所大津市北小松

関連記事