おでかけmoa

  • 滋賀県のグルメ
  • 長浜

SPOT NAME

cococafe -心風流-

2019.07.31

WRITTEN BY

りーしゅんライター

photo1

【新店】長浜市余呉町に大自然の恵みに癒される「cococafe 心風流 simple」がオープン!

6月にオープンした「cococafe 心風流 simple」があるのは長浜市余呉町。

多くの店で賑わう長浜市の中心市街地からほんの20分ほどの距離しか離れていないにも関わらず、緑溢れる大自然がどこまでも広がっていくかのように思える余呉町の美しい景色は圧巻。

先程までの賑わいや日々の忙しさ、心の疲れを忘れさせてくれる開放感と癒しが、心を包み込んでくれます。

小鳥のさえずりや川のせせらぎに耳を澄ませ車を走らせていると、まるで昔話に出てきそうな出で立ちの余呉型古民家を模した建物が姿を現します。日曜限定でオープンしているこちらを運営しているのは、この近くにある不登校の児童生徒向け寄宿生自立支援施設の卒業生4人。

余呉でとれるシカ肉を使用したタジン鍋や新鮮な野菜、美味しい手作りスイーツを、山の中をイメージした心和む店内でもてなしてくれます。オープンからまだ間もないにも関わらず、早くも口コミで県外からも客が訪れているという「cococafe 心風流 simple」。早速moa編集部が取材に行ってきました!

店名・simple心風流に込められた素敵な願い

「ここへ来る方は心の疲れている方が多いので、自然の中に来て心の中を吹き抜けていく爽やかな風で心を元気にしてもらいたいという想いを込めて店名に心風流(シンプル)と名付けた」と話す唐子さんは、同店の開設・運営に携わるNPO法人「子ども自立の郷ウォームアップスクールここから」の理事長。

同店の近辺にはちょうど風の通り道となる場所に谷がある地形から、唐子さんの言葉のごとく爽やかな水の冷気をはらんだ風がちょうど良い具合に窓から吹き抜けていってくれるのだそう。

取材中も心地よい風が天然のクーラーのごとく店内を駆け抜け自然の恩恵を肌で感じました。

同店を運営する「子ども自立の郷ウォームアップスクールここから」とは

「子ども自立の郷ウォームアップスクールここから」は、不登校に悩む児童が家から離れ、余呉の大自然の中で生活力を育み、自らの自信を回復させることを目的とした4泊5日型の寄宿施設です。

児童は大半が20歳までの間を同施設で過ごし、卒業後は自ら決めた進路へと旅立っていきます。

中には就職を希望する卒業生も多く、施設から社会の荒波へと進む前の社会的自立を促すステップとなる場所として同店の開発を決意されたのだそう。また同店は元々施設内で教室の一室を使って運営していた「cococafe」の姉妹店でもあります。

同施設では共同生活の食事を自分たちの手によって準備するよう一貫されていたため、子どもたちは自然と調理の腕をつけ卒業後は調理師の道を志す卒業生も多いことも背景にあります。

店内は「山の中のイメージ」。皆の「楽しい」「ワクワク」がいっぱい

「自分たちの力で店を運営させるため、自信をつけてもらうため、お店のオープンまでは地域の方の力も借りながらも決めることは全て卒業生たちに任せてきた」と話す唐子さん。

同店の敷地となっている場所は、長浜市の協議会が管理する観光施設「妙理の里」内の建物ですが、長い間空き家となっていました。

このためオープンに際しては電気の開通を始め、畳敷きをフローリングに改装し、机や棚も自分たちで木材から作り上げたりと多くの試行錯誤を必要としました。こうした経緯を想像すると決してたやすい道のりではなかったことが伺えます。

ですが唐子さんいわく皆の「楽しい」「ワクワク」が詰まった空間は、同店のコンセプトである「山の中のイメージ」を見事に具現化。店内へ一歩足を踏み入れるとたちまちその場の雰囲気に心がほっと解きほぐされます。

唐子さんお気に入りのどんぐりをイメージした照明が柔らかな光で訪れる客をもてなしてくれます。

市内の作家さんのギャラリーも素敵

市内の作家さんによる常設ギャラリーもお店の雰囲気と絶妙にマッチ、気に入った方には購入も検討可能。

美味しいジビエ料理が味わえる「cococafe 心風流 simple」

そんな同店で提供されるメニューは余呉町の豊富な自然の恵みを生かした野菜や山菜など、季節ごとにメニューが入れ替わります。また地元の猟師によって狩猟された新鮮なシカを使用したタジン鍋やフライ、カレーなどのジビエ料理が味わえるのも同店ならでは。

狩猟後の処理の仕方によって美味しさが全く変わってしまうというシカ肉は熟練された地元猟師の腕によって処理が施されるためにシカ肉に苦手イメージを持つ方もその美味しさに驚かれるのだとか。

柔らかで旨味たっぷりの鹿肉に野菜も盛りだくさんのタジン鍋

そんな同店のイチオシ・ジビエ料理を編集部も頂きました!「タジン鍋 1,500円(税込)」のメインはシカ肉と野菜たっぷりで蒸されたタジン鍋。添えられたくるみだれ・岩塩・ポン酢だれにつけて頂きます。

まずは自慢のシカ肉を頂いてみると、想像以上の柔らかさにびっくり!さらに噛んでいる内にじわじわとお肉の味わいが口の中に広がり、タレをつけずともそのままでも美味しく頂けました。

シカ肉は実は他のお肉と比べ、ヘルシーなため胃もたれせず様々な世代に受け入れられやすいのだとか。甘目のくるみだれも絶品。

タジン鍋にはお野菜もたっぷり。「お年寄りの方でも食べやすく、けれど野菜の食感は損なわないように」と工夫を重ねられた蒸し野菜はどれもみずみずしく、蒸しすぎると残念な食感になってしまうもやしも、シャキシャキと歯切れ良く口の中でリズムを奏でます。

ボリューム満点!鹿肉ランチ

「シカ肉ランチ 1,200円」は、カツとコロッケが見た目にもボリューム満点!香ばしい味わいとサクサク食感が後を引く鹿肉カツにスパイシーな味わいが魅力の鹿肉コロッケは美味しい驚きに箸が止まらず、編集部もあっという間にたいらげてしましました。

副菜の卵焼きやきゅうりの和え物もどれも優しくほっとするお味。唐子さん自慢のお米もふっくら甘味を帯び、おかずの美味しさを引き立てています。

一口一口味わうごとに、心と身体がほこほこと満たされ癒されていく、そんなお食事でした。

両メニューはどちらも1日10食限定となっており、オープン時間から間もなく品切れとなってしまうことも多いそうなので訪れる際はお早めに!

他にも鹿肉を使用した「じっくり煮込んだトロトロカレー」、「ヘルシーさっぱり海鮮ランチ」も人気。子ども用カレーもあり。

夏には秘策メニュー「冷やしつけだれごまうどん」も登場予定とのことなのでこちらも待ち遠しいですね。

ランチの後は盛りだくさんのデザートプレートでほっこりティータイムを…

ランチの後は「デザートプレート・ドリンク付き 500円」(メニュー内容は日替わり)でゆったりティータイムを。

ふわふわ食感の自家製シフォンケーキにほんのり後を引く甘さの杏仁豆腐、アイスクリームの3種盛り。「おやつは別腹」の女子の心もしっかり満たしてくれる至福のプレートとなっています。

付近にある知る人ぞ知る胡桃谷の名水を使用したコーヒーも、同店に訪れた際には是非味わって。

また、メニューに使用されている食器の多くは唐子さんがご自分で焼き上げられたもの。手作りならではの柔らかみある味わいにほっこり。

これからの「楽しい」「ワクワク」の展開にも期待!

他にもお話を伺っている最中、唐子さんとスタッフの方のお話から、只今試行錯誤中の「楽しい」「ワクワク」満載の様々な構想が耳に楽しく聞こえてきました。

スタッフの酒井さんも「今まで苦手だった接客がここで仕事をしているうちに苦手ではなくなった。働きがいがあり、いいステップの場になっている」と爽やかな笑顔で手応えを語って下さり、微笑ましいスタッフの仲の良さが伺えました。

雨の日カードも

スタッフ考案の「雨の日カード」は雨の日の来店が楽しみになる妙策!

「余呉にいると、同じ1分がゆっくりと流れ、時間がとても貴重に感じる」「都会には無い田舎ならではの魅力がたくさんある。ここに来る方にその魅力を知ってもらいたい」と話す唐子さんと酒井さん。

まさにその言葉通り、ゆったりとしたひとときを同店で過ごした編集部。帰り道、賑やかな道路へ車が差し掛かると先程までゆったりと流れていたひとときが、すっかり恋しくなってしまったほどでした。

忙しい日常の中にはない特別なひとときを…

酒井さんたち卒業生の「ここから」を支える「cococafe 心風流 simple」。

そこで味わえるのは、忙しい日常の中にはない温かで特別で、そしてとびきり美味しいひととき…。訪れる客を心地よい風で優しく包み込み、その先の「ここから」へ温かく送り出してくれる「cococafe 心風流 simple」へ、大切な人と是非訪れて。

予約不可。通常営業の日曜日以外は5名様~のご予約に限り対応可能。夜のご予約も5名様~対応可能です。

2019年07月31日時点での情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、ご確認の上、おでかけください。
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
店名cococafe -心風流-
TEL0749-86-3578
モアを見たというとスムーズです。
住所長浜市余呉町菅並480

関連記事