おでかけmoa

  • 滋賀県のグルメ
  • 東近江

SPOT NAME

ごはんとおやつ sou

2019.07.31

WRITTEN BY

りーしゅんライター

photo1

【新店】東近江市にオープン!からだ想いのごはんとおやつ・sou

5月に東近江市にオープンした「sou」は、からだ想いのごはんとおやつをテーマにした、おいしい場所。

地域野菜を中心としたごはんに自家製寄せ豆腐・おからなど大豆製品を使用した体と心に優しい月替わりの「お昼ごはん」、大豆製品を使用したおやつはまさにからだ想いのほっとする味。

取材当日も美味しい食事を囲むたくさんの方の笑顔が花咲いていました。そんな気になる「sou」へmoa編集部が取材に行ってきました!

からだ想いのごはんとおやつをテーマにした「sou」

お店は昔ながらのくつろぎやすい古民家

お店の敷地となっているのは昔ながらの古民家です。この場所をお店にしたいと考えたのは自身の経験から。

実は2歳の子どもの母親でもある野村さん、子どもを産んでから、外食へ行く際に多くの不便を感じたといいます。

「オシャレなお店に外食へ行くと、おむつ替えや授乳のスペースが無かったり、テーブルと椅子の形式だと赤ちゃんをごろんと寝かせてあげられない。ゆっくり食事を楽しみたくても子どもが飽きてしまって遊ぶ場所が無いと退屈してしまい、長居できず外食が楽しめなかった。」

そうした自らが感じた子連れでの外食の不安材料を取り払い、子どものいるお母さんでもゆったりと食事の時間を楽しめるようにと、畳敷きの広い部屋のあるこちらの敷地をお店にしたいと考えられたのだそう。

お母さんの他、高齢の方も足をゆったりと伸ばして食事が楽しむことができます。

店内には座卓の他、テーブル席もあり。

お母さんならではのアイデアがいっぱい!

他におむつ替え・授乳のためのスペース、子どもが退屈してしまわないようにとキッズスペースも。子ども用エプロンの貸し出しもありますよ。

自身の子育てで感じた悩みをプラスへと転じさせた妙策に、小さな赤ちゃん連れでのご来店も多いといいます。

野村さんのセンスの光るかわいらしい黒板にも注目!

「料理だけでなくとにかく作ることが好き」そんな野村さんのセンスの光るインテリアや手作りの食器にも注目。お店へ入ってすぐの場所にある黒板は、ご家族と共に作られたもの。

黒板に書かれたほんわかかわいらしいイラストと文字が訪れる人を温かく出迎えてくれます。

オススメは「月替わりのお昼ごはん」

そんな「sou」の人気メニュー「月替わりのお昼ごはん」(1,100円・税込)を編集部も頂くことに。

7月のお昼ごはんのメインは、白身魚の甘酢あんかけ。梅干しを使用した甘酢はまろやかな酸味で白身魚や野菜と優しく絡みあい箸が進みます。

とうもろこしの軸を一緒に入れて炊いたとうもろこしごはんは、美味しいひと手間が功を成し、そのびっくりするほどの甘味に大人もホクホク笑顔に染まるお味。

こちらはおかわりも無料でできますよ。

他にゴマ油で炒めたナスと生姜が入ったお味噌汁、大豆の香りの生きた滑らかな自家製寄せ豆腐、夏の宝石を一番だしと共に閉じ込めたトマトとオクラの寒天よせ、甘味と食感が癖になるきゅうりのゴマあえが彩り豊かに目と心を満たします。

からだ想いの美味しいひと手間が加えられたごはんは、心と体に優しく染み渡り自然と笑顔もこぼれます。

取材当日、店内で和やかにお食事を楽しんでいた方にお話を伺うと、「毎月、月が替わるごとにどんなメニューになっているのか楽しみに訪れている」とのこと。

美味しいごはんと窓から見えるのどかな景色に癒されながら、皆さんゆったりとお食事を楽しまれていました。

他に豆腐丼やこどもごはん(ジュース付き・600円)も。

たっぷりのおからを使用した「ガトーショコラ」の美味しさに編集部もびっくり

食事の後は大豆製品に体に優しいきび砂糖やてんさい糖、米油を使用したおやつでほっこりティータイムを。

野村さんオススメ、小麦粉・バターを使わずおからをたっぷり使用した「ガトーショコラ」は一口食べるとほんのり大豆が香るビターな味わい。

「言われなければおからを使っていると分からない」ほど濃厚で滑らかな食べ心地に編集部もびっくり!

手作りの優しさ溢れる「豆腐ドーナツ」も人気

自家製寄せ豆腐・全粒粉を使用、ころんと真ん丸フォルムがかわいい「お豆腐ドーナツ」は、一口頬張るとお豆腐の素朴な優しさときなこシュガーの甘味が口いっぱいに広がる、手作りならではのあったかい味。

野村さんの子どもが卵アレルギーだったことから「卵不使用で体に優しく美味しいおやつが作れたら」と試行を重ね作り上げたこだわりの一品でもあります。

同店では事前予約の際の相談でアレルギーにもできる限り対応可能。

こちらはテイクアウトも可能。(7個入り300円)

おうちでの美味しいおやつ時間のお供に、大切な人へのお裾分けに、いかがですか?

なお、おうちで頂く前にはオーブントースターまたはグリルで温めてから頂くのがオススメ。他に日替わりの「今日のおやつ」や「souのパフェ」も人気。

店名「sou」に込められた想い

店名の「sou」は「からだを想うの(想・そう)」「日常により添うの(添う・そう)」「創り出すの(創・そう)」「積み重ねるの(層・そう)」「爽やかなの(爽・そう)」いくつもの願いを込めて名付けられた名前なのだそう。

野村さんが東近江市を訪れて感じた自然の豊かさや地域の方のほっとする優しさ、また子育ての中で感じた悩みや喜び、そうした全てのものによって作り上げられたお店は居心地が良く懐かしく、笑顔が通う場所。

気軽に来てもらえる場所になれば…

「地域の方やお母さん、高齢の方などいろいろな方に気軽に来てもらえる場所になれば」と語る野村さん。

同店ではそんな野村さんの想いから、お食事の他にヨガやポーセラーツなど様々なワークショップやマルシェも定期的に開催されていますよ。

気になる方は、是非インスタグラムで最新情報をチェックされてみて下さいね。
Instagram:gohaoya_sou

2019年07月31日時点での情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、ご確認の上、おでかけください。
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
店名 ごはんとおやつ sou
TEL0748-26-9465
モアを見たというとスムーズです。
住所東近江市上麻生町19

関連記事