おでかけmoa

  • 滋賀県でおでかけ
  • 長浜

SPOT NAME

小谷城跡

2019.10.30

WRITTEN BY

おでかけmoa編集部

photo1

歴史の片鱗が遺された浅井氏ゆかりの山城跡

長浜市、伊吹山系に属する標高495mの小谷山。かつて、この地には日本五大山城の一つである小谷城が築かれていた。城主は浅井氏3代目の浅井長政。長政の妻であるお市と、茶々・初・江の浅井三姉妹ゆかりの地としても名を馳せている。長政は同盟を結んでいた織田信長と決裂し、1573年の「小谷城の戦い」にて敗北。城は領地と共に羽柴秀吉へ与えられた。1575年に秀吉が長浜城へ移り住み、小谷城は同年をもって廃城。時は流れ、1937年に国の史跡として指定され、磯石や土塁などと共に現在も遺っている。

3代目にして最後の当主!浅井長政と妻・お市の悲劇

[1545年 浅井長政誕生]
浅井久政の嫡男として生まれる

[1567年 お市と結婚]
織田信長の妹・お市と政略結婚し、織田・浅井の両家で同盟を結ぶ

[1570年 信長と決裂]
同盟を結んでいた織田信長と決裂し、「姉川の戦い」にて織田徳川連合軍と戦う

[1573年 浅井家滅亡]
信長との決戦が行われた小谷城にて長政は自害。お市と娘の浅井三姉妹は織田軍に引き渡された。

2019年10月30日時点での情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、ご確認の上、おでかけください。
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
店名小谷城跡
TEL0749-65-6521(長浜観光協会)
モアを見たというとスムーズです。
住所長浜市湖北町伊部

関連記事