おでかけmoa

  • 滋賀県のカルチャー
  • 草津

SPOT NAME

琵琶湖博物館

2020.01.24

WRITTEN BY

おでかけmoa編集部

photo1

第3期リニューアル、A&B展示室が完成!!琵琶湖400万年の歴史を大公開!RENEWAL OPEN NEWS Vol.2

2016年夏から続々と改装されている琵琶湖博物館。今回、ついに第3期リニューアルのA&B展示室が完了。400万年におよぶ琵琶湖の歴史、そして自然や人との関わりが丸わかり。子どもから大人まで楽しめる博物館がここにアリ!

国内最大級!淡水生物と人の関わりを描く水族展示

2016年にリニューアルしたばかりの水族展示室。淡水生物展示としては国内最大級を誇り、展示面積は約2,000平方メートル。各水槽では琵琶湖やその周辺環境にすむ生物はもちろんのこと、『古代湖の世界』では世界最古のバイカル湖に生息する生き物も展示。このほか、外来生物問題や食文化といった、人間との関わりについて学べる展示など情報満載。

「内湖・ヨシ帯」水槽。ヨシの間で生き生きと泳ぎ回る魚たちを観察しよう。 

琵琶湖の主ことビワコオオナマズを発見!タイミングが良ければ、泳いでいる姿に遭遇できるかも!?

ディスカバリールーム内には多くの展示物が。本物の剥製や骨格標本と共に並ぶ信楽焼の狸もユニーク。 

迫力満点! 巨大ザリガニに変身できる大人気のコーナーは必見。

観て・聴いて・触って学ぼう! ワクワクする仕掛けがいっぱい

開館当初より人気を博してきたディスカバリールームが一新! 親子で生き物や文化について学べる仕掛けが盛りだくさん。見る人を圧巻させる動物の剥製や、コウモリやカエルの鳴き声コーナーにオオサンショウウオの匂いなど、ワクワクが
いっぱい。開館当初から愛されている巨大ザリガニも健在、ぜひ会いにいこう!

より高度な資料を展示した『おとなのディスカバリー』

新しく設立した『おとなのディスカバリー』では、昆虫の標本や高性能な顕微鏡、専門的な書物が多数並び、よりハイレベルな知識を吸収できる内容に。実際に触れることができるシカやイノシシなどの毛皮や、学芸員が利用するオープンラボの併設はまさに大人向け。質問コーナーでは学芸員がさまざまな質問に答えてくれる。

型を使って好きな生き物を描くことができるスケッチコーナー。記念にチャレンジしてみて。

2020年7月、ついに『びわ博』がグランドオープン

第3期リニューアルは「A展示室」&「B展示室」!A展示室では、400万年間の琵琶湖・自然・生物の変化を紹介。開館以来収集してきた化石や地層の標本、復元ジオラマ、ハンズ・オン展示を通して琵琶湖の歴史と魅力を伝えてくれる。B展示室では、森・水辺・湖・里を舞台に、人と自然の向き合ってきた環境史を紹介。現在の暮らしをテーマにした「C展示室」へどのように繋がるかを知り、湖と人間の未来について考えてみよう。

滋賀県立琵琶湖博物館

TEL077-568-4811
草津市下物町1091
開館時間 9:30~17:00(最終入館16:30)
休館日 毎週月曜(2月は3・10・17~21・25日、臨時休館あり)
https://www.biwahaku.jp/

【観覧料金/常設展示】 大人500円(400円)、高校生・大学生300円(200円)、中学生以下無料 ※令和2年7月上旬より料金変更予定 ※()内は団体料金、20人以上 ※博物館利用者の方に総合案内所で駐車無料サービス券をお渡ししています

2020年01月24日時点での情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、ご確認の上、おでかけください。
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
店名琵琶湖博物館
TEL077-568-4811
モアを見たというとスムーズです。
住所草津市下物町1091

関連記事